美味しいおむすびの作り方

ホーム >

美味しいおにぎりを作る炊飯のコツ

美味しいおにぎりの作り方

② 炊飯編

IH炊飯釜で炊飯する

美味しいご飯を炊くために、IH炊飯釜を使うことをオススメします。
もちろん通常の炊飯釜でも大丈夫ですのでご安心下さい♪
“早炊き”にせず通常炊飯でじっくり炊き上げましょう。
ガス釜を使う場合は、 炊きムラが出来ないよう口火を消しておきましょう。



炊飯中は炊飯釜を動かさない

水分を吸収する前は米が偏りムラがでやすいため、
炊飯釜を安定した場所に設置し動かさないようにしましょう。
所定の位置に設置してからスイッチを入れましょう♪



炊飯中は釜の蓋を開けない

蒸気圧がなくなり、粘りやツヤ、味が落ちてしまうため、
炊飯中はフタを開けないようにしましょう。



最低10分は蓋を開けずに蒸らす

炊飯終了後、10分はフタを開けずにご飯を蒸らしましょう♪
蒸気圧で米の芯まで水分が行き渡ります。
蒸らさないと米の表面と芯で水分量の違いが出てしまいます。



充分に蒸らしたご飯を混ぜる

ご飯をほぐし一粒一粒の間に空気を入れることで余分な水分を蒸発させましょう!
ご飯に「保水膜」を作る事が美味しいご飯の条件です♪

保水膜はごはんの水分を逃がさずツヤを出しごはんの表面の凹凸を滑らかにします。

つまり口あたり、舌ざわり、歯ごたえを良くし美味しさを引き立たせます。



握り編へ>>