美味しいおにぎりの作り方

ホーム >

美味しいおにぎりを作る洗米のコツ

美味しいおにぎりの作り方

ここではグゥーで行っているふっくら美味しいおにぎりを作るノウハウを公開♪
洗米や握りの際に気をつけるべきポイントや、
知っていそうで以外と知らないコツなどをまとめてみました。
早速ご自宅で美味しいおにぎりを作ってみましょう

① 洗米、浸漬編

お米は研がずにグルグル回して洗うだけ!

お米は研がずに、グルグル回して洗いましょう♪
最近のお米は精米精度が良くなり、糠(ぬか)の付着が少なく、あまりゴシゴシ研ぐ必要はございません。


お米がひび割れてしまうとそこから余分な澱粉(でんぷん)が出てきてベタベタしたりパサパサなご飯になってしまいます。
舌ざわり、歯ざわりが悪くなるので注意しましょう。



一回目の洗米は水に漬けて10秒以内に10回まわす

洗米は素早く行うのがコツです! 
糠(ぬか)は一回目の洗米でほとんどが流れ落ちます。
洗米にあまり時間をかけるとお米が溶けた糠を吸って臭いのあるご飯になってしまいます。
手早くザルを上げて糠を吸わせないようにしましょう!



二回目以降は流水で30回転を最低3回

2回目以降の洗米で出る白濁した水は糠(ぬか)ではありません。
米から出る澱粉や蛋白質で美味しさの一部ですので、
透明になるまで洗米しないようにしましょう。
ボールに水を溜め、米が入ったザルを浸けて洗米しましょう。
作業は手早く、水の中で米をグルグル回すだけでOK!
流水で30回転を最低3回行いましょう。



水切りは2分以内に!

洗米後は、2分水を切ったら直ぐに浸漬(しんせき)しましょう。2分以上放置するとお米の表面が乾燥し、ひび割れや割れ米が出来ます。ひび割れたお米や割れたお米は舌触りの悪いごはんになってしまいます。



最低1時間以上は浸漬する

少なくとも1時間は浸漬をしないと粘りのない固めのごはんになってしまいます。

表面は柔らかく芯があるような硬さに炊けてしまい、冷めるとパサパサになってしまいます。

出来れば2時間以上の浸漬が望ましい。



炊飯釜をきれいに洗う

炊きカスなどがこびり付いているとベタベタご飯になるので注意!
きれいに洗い落として美味しいご飯を炊きましょう♪



炊飯編へ>>